設計×収納=KMH…本多さおりさんイベントのご報告3(食洗機編)


本多さんのトークイベントご報告、
前回のブログから随分と
時が経ってしまいましたが…
まだ続いておりますよ。

今回は食洗機のお話しです。
「食洗機の設置で悩んでます」という
質問がお客さまからトークショーの
質疑応答で上がりました。
(ちょっと整理収納から外れて、
新築の時のお悩み…という質問ですね。)

まさに!!
の、タイミングのこの質問。

私も「食洗機」問題に興味津々です。
ここ数年のうちにご新築になる
お友達が何人がおり、
家づくりの話で一度は必ず話題にのぼる
「食洗機あり?なし?」議題です。

10年ほど前、初めて、ご自宅で
使用しているビルトイン食洗機を見ました。
○かなり大型(おそらく外国製品)
○いつも水滴がついている
(→乾燥していない)
○開けるとなんだか古い水の匂い
○内部の食器立てに水垢
○洗った後の食器凹凸部分にベトつき残り
…印象は…残念ながら最悪です。
やっぱりあくまで「補助的」役割かな…
と思い続けておりました。

でも!
ここ数年、私の周りには
食洗機を上手に活用されている
ご家庭も増え、据え置き型の食洗機を
使っている方たちも多くなってきました。

最近のシステムキッチンには
ビルトイン食洗機がスタンダードで
付いているため、「お断り」
しなければ食洗機付いてきます。

[日本の食洗機事情]
http://suumo.jp/journal/2015/11/16/100629/

そこで、大野調べの
小規模食洗機事情を
お知らせできたらと思います。
※ちなみに大野家は原始的な手洗いです。

[据え置き型の食洗機の使用者]
(乾燥機能がしっかりしているもの)
とにかく
「満足」「無しでは暮らせない!」
と皆さんおっしゃいます。
…時間と労力のセーブが
一番の理由です。

[ビルトインの食洗機使用者]
①毎日使う!
②毎回は使わないけれど、
持っていることに後悔はなし。
③使わない…後悔(かなり少数です)。
…回答はバラバラでした。

②③の方に聞いてみました。
「もしかして位置が使いづらい?」

この質問に対する皆さまの反応は

「気づかなかったけどソレ!!」
そう!コレでした!

食洗機はシンクのそばにあることが
必須条件になります。
そのため、システムキッチンの場合、
シンク横の「引出し収納として
使いやすいゾーン」を奪ってしまいます。
シンクから横下に食器を入れる動作が
使いづらい理由だとおっしゃる方も
いらっしゃいました。

もう一つのキーワードは「乾燥」です。
ほとんどの方は、食洗機を
稼働させた後、もしくは
使っていない時は扉を開けっ放しに
していることが多いのです。
日本製食洗機は乾燥も
しっかりとした機能として
付いているものも多いので
庫内が湿気ていることも
なさそうなのですが、
「水を使ったものはしっかり
乾燥させたい」という気持ちと
固定概念から扉を開けておくようです。
(私も絶対に「開けておく派」です。
ちなみに洗濯機のふたも
「開けておく派」です。)

ビルトイン食洗機を
乾燥のために開けておくと…
引出しがそのまま出ているので、
キッチンの動線を邪魔してしまいます。

e0344308_18250764.jpg

(見通し良し♪のスッキリ動線)

「位置と動線」

このちょっとだけストレス…というのが
ビルトイン食洗機の方の使用率が
少ない理由のようなのです。

「ビルトイン食洗機を付ける際には?」
食器を収める時の動作を確認して、
面倒ではないか?
使用後は開けっぱなしにしないか?
する場合は動線の邪魔にはならないか?
…を確認してみることも必要なようです。

[扉開けっ放し乾燥派]の大野個人
の結論としましては…
新築でも据え置き型の食洗機が欲しい!
と思いました。

なんといっても、高温水・高圧水流。
透明ガラスはピカピカ・匂い残りも無し。
網・ザルの継ぎ目部分もきれいに。
除菌効果。
…手作業では時間がかかるものばかり。

築年数20年弱の賃貸の我が家。
新築のお家が叶う時には
据え置き型食洗機と共に
お引越ししますので
…「据え置き型食洗機購入会議」を
開催したいと思います♪

食洗機一つを取っても、
本多さんの説く「使いやすい位置」
伊藤さんの説く「スッキリ動線」
が、関係していますね。

小さなことでも大切に考えることで、
より暮らしやすい家になります。

KMHには本多さんと伊藤さんの
主婦目線の知恵がいっぱい詰まってます。

e0344308_18244651.jpg

どうぞいらしてくださいね。



大野建設 Rie Oono


by kumagaya_m_h | 2017-02-09 18:42 | 設計×収納=KMH


夏は日本一暑く、冬は冷たい風が強く意外と寒いここ熊谷地域(熊谷市・行田市周辺)で110年家づくりをしてきた建築専門店の大野建設の注文住宅部門の新しいモデルハウス
「KUMAGAYA MODERN HOUSE
~熊谷で自然体に暮らす・シンプルな木の家~」

企画・施工

大野建設株式会社

協 力

パッシブソーラーシステム

OMソーラー

建築設計

伊藤裕子設計室

整理収納コンサルタント

本多さおり

照明プランナー

稲葉 裕(株式会社フォーライツ)

共同設計

島田義信建築設計事務所


by kumagaya_m_h

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
家づくり
イベント
設計×収納=KMH
KMHが出来るまで
コラム
KMH
イベント




検索